コピーライターになりたい!仕事内容は?スキルは必要?収入は?

 

普段皆さまがよく使うと思う言葉、「コピー」。

今や巷には、コピーという言葉が溢れています。

 

最近では「コピーライター」なんて言葉もよく聞くようになりました。

今回は「コピーライター」について、仕事内容やスキル・収入について解説していきます。

 

 

コピーとはそもそも何か

では、そもそも「コピー」とは何かと聞かれると、実は知らない方も多いのではないでしょうか。

 

コピーというのは、街中の看板の文字・ラジオからのメッセージ・インターネット上のバナーなどなど。
動画も含めた広告に表現される文字・言葉のことを指しています。

 

コピーライターとは?

では、今回のトピックとなる「コピーライター」とはなんでしょうか。

コピーライターというのは、その名の通り、「コピーを作成する人」のことです。

つまり、広告を作り出す文字・言葉を創造する人のことを指します。

 

コピーライターの仕事と

 

新聞雑誌・テレビ・ポスターなどの広告の制作で、重要な役割を担うコピーライターの仕事は広告のコピーを考案する事です。

広告のコピー制作の上で、そのスキルを身につけるにはコピーライターの仕事のついての理解を深める事が必要となります。

ここ昨今では、Webに関する仕事が増えてきております。

企業のブランド構築への要望が強いので、企業の公式サイトのコピー制作や集客・お問い合わせなどでアクション誘導を主導するランディングページのコピー制を手掛けるコピーライターも増えています。

さらに、コピーライターの仕事はコピー制作に限らず広告の基本方針から完成までの全体設計に参画して、マーケティングに於けるメディア選定までのコミュニケーション戦略をも提案していきます。

企業や商品の宣伝の全般を担うマルチプレーが出来るコピーライターが求められている証です。

フリーランスの場合、広告代理店や制作プロダクションから発注を受けて納期・報酬などの条件を詰めて交渉まで行うので発注元とのコミュニケーションが必要となります。

 

コピーライターになるためのスキルとは

コピーライターになるのに資格は全く必要ありません。

コピーライターには人の話をよく聞く事が必要です。

クライアントの話(要望)がインプットとすれば、コピーを提案する事がアウトプットと言えるでしょう。

常に新しい事象に関心を抱いてインプット・アウトプットを意識する事が重要です。

捉えどころのない価値とか理念などを文字・言葉で表現する力が必要となります。

コピーライターには幅広い知識が求められており、マーケティングを含めた販売戦略を立てるために情報収集能力も重要です。

 

コピーライターの平均年収は

コピーライターの平均年収はおおよそ以下の通りです。

 

フリーコピーライター:550万円~1000万円以上

会社勤め
年齢 年収 月額給与
20~24歳 314万円 20万円
25~29歳 341万円~391万円 24万円
30~34歳 329万円~429万円 27万円
35~39歳 386万円~490万円 31万円
40~44歳 429万円~550万円 34万円
45~49歳 494万円~616万円 39万円
50~54歳 550万円~660万円 41万円
55~59歳 545万円~655万円 41万円
60~65歳 346万円~655万円 28万円

平均年収.jp(https://heikinnenshu.jp/)発表

 

まとめ

いきなり独立したり会社に入るとなると難しいところもあると思うので、まずは副業としてコピーライターの仕事を始めて経験を積んでいき、

ゆくゆくはフリーランスとして働くことを目指してみるとよいかもしれませんね。

 

お付き合いいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA