【初めての上京】家を借りる前に確認しておきたい3つのこと

春になり、東京へ上京してくる社会人や学生がまずやることが物件探し!
新しい新生活に心を踊らせている人も多いと思いますが都内の賃貸事情を知らないと
金銭的に大変なことになってしまうかも!
今回は都内で物件を探す際のポイントを紹介して行きたいと思います。

都内の家賃相場ってどのくらい?

まず初めに、都内の物価は地方と比べてしまうとかなり高いです。
場所にもよりますが、大体の相場感は以下の通りです。※SUUMO調べ

*中野・荻窪・吉祥寺・池袋 1K¥8万円〜8.2万円

*新宿・渋谷・目黒 1K¥10万円〜12.8万円

人気エリアは様々ですが、8万円以上の物件がほとんどです。
これよりも予算を抑えたい場合は都心から少し離れた八王子市、調布市や
都内からアクセスしやすい埼玉県和光市や神奈川県川崎市など県外に家を借りて通勤通学される方も多いです。
ただし、都心から離れた場所に住む場合は職場や学校までの経路をシュミレーションしておくと良いです。
実際に電車やバスに乗ってどのくらい時間がかかるのか、どのくらいの混み具合なのか、混み具合によっては家賃が高くても会社の近くに住みたいと思う方もたくさんいらっしゃいます。
多少移動時間はかかりますので満員電車での通勤通学が苦でなければおすすめです。

自分は家賃にいくら払える?

次に自分の収入と相談し家賃をどのくらいに設定するかです。
一般的には月の手取り収入の約3分の1の金額に家賃を抑えます。
例えば月の手取り収入が25万円の場合

250,000÷3=約83,000円
180,000÷3=約60,000円

月収18万円の場合でも計算してみましたが大体の金額はこのようになります。
この金額を目安に不動産屋に相談してみるのもいいでしょう。
では、収入が少ないと都心には住めないのでしょうか?
そんなことはありません!収入が少なくても都心に住む方法はあります。
次にその選択肢を紹介して行きます。

1人暮らしorシェアハウス違いは?

先ほどから家賃の話をしてきましたが、実は一人暮らしには家賃以外にも家電の購入など初期費用がかかります。
一度家電などを揃えてしまえば長く使えるのでいいのですが、初期費用も抑えたいという方にはシェアハウスもおすすめです。シェアハウスとは一見アパートに見えるのですが、トイレやキッチン、洗濯機、お風呂
などは共用スペースになり住んでいる人みんなでシェアします。家具は元々備え付けてあるところが多く、買う必要はありません。
家賃は場所や部屋の広さによって様々ですが都内では大体、月¥45,000〜60,000ほどに抑えられるそうです。
以下に1人暮らしとシェアハウスのメリット・デメリットをまとめました。

【一人暮らし】

メリット:自分の好きな部屋を選べる。好きな時に友達を家に呼べる。

デメリット:初期費用が高い。

【シェアハウス】

メリット:家賃や初期費用を抑えられる。共用スペースが多いので友達が作りやすい。

デメリット:キッチンやトイレ、お風呂は部屋の外にあるので少しめんどくさい。
      場所によっては友人や家族を家に呼べない。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
自分にあったライフスタイルを送るために家はとても大切です。
何かを妥協しないといけないこともありますが、まずは理想と現実をすり合わせていくと
しっくりくる物件や暮らし方を見つけることができるかもしれません。

家賃は月にいくらまで払えそうか?
家賃が少し高くても会社や学校に近いところに住みたいのか?
とにかく家賃と初期費用を抑えたい!など、自分だけの条件を見つけ出してみて下さいね。

新生活を東京で始めるみなさんにはぜひ素敵な物件と出会って頂きたいと願っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA