【30代で入る生命保険】貯蓄?掛捨て?騙されないオススメの入り方

30代になると、結婚をして、子供が生まれ、そろそろ将来について考え始めないとな・・・と思ったりします。生命保険の加入率が大幅に上がるのもこの年代です。

でも、保険は高い買い物ですよね。

良く調べないで購入すると、思わぬ損をすることになります。

そこで今回は、オススメの保険の入り方についてまとめてみました。

生命保険は投資対象として優秀か?気を付けたいセールストーク

  まず、生命保険には大きく分けて3種類あります。

1:死亡保険

被保険者が亡くなるか、高度障害者になった場合に支払われます。

定期保険(いわゆる掛け捨て)と、終身保険に別れます。

 

2:生存保険

被保険者が死んだ時ではなく、満期を迎えたときに“生存”していた場合に支払われます。

「学資保険」や「個人年金保険」のような、いわゆる将来に備えた貯蓄用の保険です。

 

3:それ以外

死亡した時ではなく、生きている間に起こる様々なリスクに備える保険です。

病気やケガによる入院、手術に備えた「医療保険」や「がん保険」、働けなくなった時のための「収入保障保険」などがあります。

 

 

そして、保険販売員に相談すると、よくこんな風に言われます。

 

「貯蓄型保険は満期返戻金があるので老後の資金が貯まります。払い込んだ額よりも多く戻ってきますよ。掛け捨てはもったいないです。」

 

この言葉には要注意です。

 

そもそも、保険が必要になるのはどんな時なのでしょうか?

それは「自分では対応できないような大金が必要になった時」です。

 

30代ならば、殆どの人が資産形成はまだまだこれかでしょう。

つまり、保険は本来の目的(リスクヘッジ)だけを考えて、将来の資産を増やすためなら他の選択肢と比較するべきです。

 

例えば、ある死亡保険では、30歳で契約して30年後に満期を迎える場合、返戻率は110%です。30年で300万が330万に増えるという訳です。これは、年利に換算するとどのくらいになるのでしょうか?

 

約0.33%です

 

もしこれを他の投資商品にまわしたら、年利3%や5%の運用で資産形成が出来ます。

つまり、生命保険は投資としては全然得ではないのです。

 

一方で、掛け捨て保険にすると、月の支払額は貯蓄型の5分の1程度に抑えられます。

そこで、生命保険は基本的に掛け捨てにして、余った分は投資に回します。70代、80代を迎える時までに、しっかりとした資産を作る、その方がずっと賢い選択といえるのです。

 

結論:生命保険は掛け捨てがオススメです

 

 

 

何を基準に考える?ライフスタイルで決める保険の種類

 

  では、30代の人が生命保険に入る時には、何を重視したら良いのでしょうか?

 

ズバリ!それは「毎月の支払額」です。

 

リスクのための保険ですから、そのための出費は必要最低限にして、残りは運用に回しましょう。

 

 

でも、必要最低限の保険とはどんなものなのでしょうか?

 

30代といっても、ライフスタイルは皆違います。独身の人、夫婦二人で共働き、4人家族で奥様は専業主婦などなど。もちろん、今後の収入の見込みや実家に資産があるのかどうかも関係しますね。

 

平均的な感じでいけば次の通りです。

 

1:独身の人

そもそも、保険に入る必要があるのかどうか・・・というところから考えてみましょう。

強いてあげれば、働けなくなった時のための「収入保障保険」や、自分が死んだときの葬式の費用分の「死亡保険」でしょうか(でも、これも貯蓄しておけば済む程度のものです)。もちろん全て掛け捨てにしましょう。

 

2:夫婦二人で子供なし

もしも自分に何かあった時のパートナーのことを考えましょう。共働きなら死亡保険は必要ないかもしれません。後は「収入保障保険」です。お互いに掛けるか、どちらか収入の多い方にだけ掛けてもイイですね。後は貯蓄に回しましょう。

 

3:ファミリー

30代ならお子さんに費用が掛かるのもこれからです。パートナーと子供たちのために死亡保険は充実させたいところです。後は「収入保障保険」を。この2つは必須です!

 

 

ところで・・・

どのライフスタイルの方に対しても、「医療保険」「がん保険」は含めませんでした。これらは必要ないのでしょうか?

 

日本の健康保険には「高額療養費制度」というものがあり、この充実度は世界でもトップクラスです。普通の会社員程度の収入ならば、医療費が月当たり8万円を超えることはまずありません。これに加えて「傷病者手当金」制度もあります。実際に経験してみると、思った以上に負担が少ないのです。

 

手術をして1か月入院、その後半年の療養くらいならそれ程応えません。まあ、病室を個室に出来るとか確かに役には立ちますが、まだ30代の自分がそんな大きな病気にかかる確率はどのくらいかな・・・と考えれば、そもそも入るかどうかから検討しても良いと思います。

 

もうひとつ、

「医療保険」「がん保険」は、あくまでも今の医療技術を基準にして作られています。医療技術は年々進歩していて、今の医療保険が自分には合わなくなることもあるでしょう。実際、がんに罹った時の医療費や、治療日数も年々変わってきています。

つまり、将来見直す可能性があるということです。入院日額なんて、お金の価値すら変わってしまうかもしれません。

そう考えると、やはり自分でしっかり貯蓄して将来に備える方がリスクは少ないように思えます。

 

と言うわけで、考える余地はありますが、敢えてオススメにはしませんでした。

 

 

結論:生命保険の入り方を決める3つのルール

 

 

今回は30代の人にオススメの生命保険の入り方について考えました。

まとめると

 

1:生命保険は“掛け捨て”で

2:月の負担額をできる限り減らして残りは運用に回す

3:日本の充実した健康保険制度を考え合わせる

 

というものです。まだまだ長い人生です。上手に資産を増やしながら、自分や家族のリスクヘッジを考えて行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA