近年の空き屋問題!あなたならどうする?

核家族化が増えて、空き家でお悩みの方おられませんか?

人の出入りのない状況で、ガスや電気、水道はどうなっているのか、

また、古くなったりして倒壊する危険がないのかなど、

とても気になりますよね…。

最近、増加している空き家ですが、問題をみてみました。

 

近年の空き屋問題!あなたならどうする?

2つの原因

一つ目は空き家は、団塊世代で相続が進んできたため、高齢化による空き家が増えたこと。

二つ目は空き家の所有者が、高齢化などにより、管理ができなくなってきたことです。

空き家問題とは?

空き家の何が問題なのかというと、雑草が伸びる、景観が悪化、衛生状態が不衛生になる、

老朽化で倒壊の危険などの問題です。

また、不法侵入や犯罪のリスクも多くなるということです。周辺の治安も悪くなってしまいます。

高齢者が引っ越しをして、住む人がいなくなったのも事実です。

周辺のスーパーなども減っていったり、病院や銀行も減るなど、

水道や電気のインフラが維持しにくくなってきています。

また、所有者が、空き家を放置してしまうこともあります。

高齢者が亡くなってしまった場合、相続した家が遠いなどで、通えないなどの問題もあります。

自分が所有する空き家も、物置として使用する、解体する費用が高いからなどが原因です。

 

特定空き家とは?

特定空き家の判断

法律により、特定空き家の判断があります。

市町村が管理しています。市町村から所有者へ措置を助言したり、指導を行います。

特定空き家にしないためには、きちんと自分で管理するなど、または、管理サービスを使うことも必要でしょう。

短期で賃貸をして、安く貸し出す方法もあります。

空き家を所有者が管理をしよう!

空家など対策の推進に関しての特別措置法が施行されたので、いきなり空き家を処分するなども

経済的に大変ですよね。

特定空き家には指定されないための管理方法を考えていきましょう!

 

空き家バンクとは?

空き家バンクとは、2015年に措置法が決まり、

市町村で、空き家を活用するために、空き家を紹介するという制度です。

核家族化による、親の家に住まない事が増えたり、相続による固定資産税が増え

困っている人のために、設けられました。

2033年には3件に1件の空き家になる予想です。

先日も空き家の火事などがありましたね。

自治体による活動

空き家バンクに登録すると、一定の料金で、換気や庭の手入れ他を受けることができます。

自治体によりますが、NPO法人などにより、住居ではなく、デイサービスに活用してもらうなど、地域での助けになります。

 

空き家の対策法

人は新築に住みたい傾向があるようです。

特に日本人は欧米に比べて多いとされています。

相続した空き家の解体

生まれ育った自分の実家を解体したくないと思うのは当然かもしれません。

解体の費用も大変ですよね。

固定資産税が高くなる

土地の上に建物がある状態なら、固定資産税は最大6分の1ですが、建物がないと、

その6倍になってしまいます。

このようなことから、建物を放置せざるを得ない状況もあります。

解体出来ない場合

現在の状況のまま売却する、リフォームして売却する、古屋付きの土地として売る、

仕方がないときは建物を解体して売るしかない様子です。

ネットでも色んなサービスがあるので、空き家の査定をしてもらいましょう。

 

深刻化に向けて早めに対策しよう!

無料の売却査定

空き家を所有するだけで、色んな問題がでてくる可能性があります。

お悩みの方も多いと思います。

無料で空き家の売却査定をしてくれるところもあるので、ネットなどで活用しましょう。

 

まとめ

「近年の空き屋問題!あなたならどうする?」について紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか?

おさらいとしてまとめますね。

2015年以降から、空き家がどんどん増え、不法侵入や犯罪など、また雑草や衛生問題、

景観が悪くなる、治安が悪くなるなど、たくさんの問題がありそうです。

2033年には高齢化により、どんどん増えていく予想です。

核家族化になりましたが、育った家を解体したくないという気持ちも強いと思います。

また、高齢になってしまった親御さんが施設に入所されてしまったなどの問題もありますね。

 

火災や事件などが起きる前に、相続した所有者としての管理も大変ですよね。

遠方で、空き家の実家になかなか帰れないなどのケースもあります。

措置法が決まってから、管理できない場合は空き家バンクに登録したりして、空き家の世話をしてもらうなど、市町村や自治体での対策もあります。

費用がかかって大変なのであれば、空き家をNPO法人などからデイサービスにつかってもらうなどの方法もありますし、思い切って、売却するという手段もあります。

無料で査定してもらえるサービスもネットの中にありますので、活用されるのもいいでしょう

今後、生まれ育った実家となる空き家をどうするかは、個人の思いそれぞれでしょう。

特定空き家に指定されないように、色々な工夫が必要だと思います。

 

以上になりますが、この記事が、空き家でお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA