フェイスリフトアップでお肌のエイジングケア!化粧品、種類などを公開☆彡

お肌は加齢とともに、シワやたるみが気になってきます。

小顔になりたいなど、若くてもお悩みの方もおられます。

お肌の質や状態で、自分にあった方法を探しましょう!

リフトアップって何?

女性も男性もですが、いつまでも若々しくピンと張ったお肌でありたいですが…。

残念ながら、誰もがが加齢しますよね。

いつのまにか、疲れ気味の顔になっていたりして、鏡をみてハッとしたりします。

お顔の筋肉が衰えたり、体重が変化することによってたるんでしまったお肌に

もういちど、ハリをもどしていくのが、リフトアップになります。

色んな方法がありますので、化粧品や美容クリニックでの施術など、

自分にあったリフトアップを探しましょう。

たるみの原因とは?

表情筋が衰えてしまうことがあげられています。

人はお顔の筋肉の表情筋は普段は3割しか使っていないらしいです。

のこりの筋肉を動かしていないことにより、たるみやシワになります。

表情筋とは?

目、額、口の周り、頬やあごなどに表情筋があります。

これがおとろえると、脂肪を支えるのが大変になり、たるみになります。

肌の成分の減少による衰え

加齢とともに、コラーゲンなどの成分が減ってきます。

また乾燥も大敵です。

紫外線などもたるみの原因となります。

 

リフトアップに効く美容液

美容整形は費用がキツイかもとお考えのかたに普段のお手入れの美容液を探してみました。

化粧品の中でのエイジングケアでは、美容液は基本になるでしょう。

美容液のベスト3選

・アヤナス リンクルo/Lコンセントレート

・ビーグレン Qusomeリフト

・POLAリンクルショット メディカル セラム N

でした。

お値段は少し高めでしたが、リフトアップに効く成分がたっぷりで人気でした。

 

リフトアップ美顔器の種類

美顔器のベスト5選

ELFACE(エルフェイス)

イオン多機能美顔器

メディリフト プラス ゲルセット

RF美顔器 EH-SR73

エステアップ4

以上が5種類ですが、他にもたくさん

人気種類が15選もありました。

お値段は様々ですが、超音波をあててケアするものや、お肌の表情筋を温める効果、

ピリピリ感がない、特にお肌を温める効果が多いものが目立ちました。

美顔器も持続して使うのが大切です。

 

リフトアップローラー

お顔の血行をよくする美顔ローラーですがこれもたくさんの種類があります。

効果のある使い方

・あごから耳の下まで、力を入れ、ぐっとあげる。

・口角の横から耳の前まで頬っぺた全体をぐっとあげる。

・上下に動かさない

・上向きだけにあげること

・メイクの上からはしない

・スキンケア後に使用した方が、お肌の負担がすくない

・強すぎる力は使わない

・使いすぎないことが大切(使用書通りにしましょう)

本当に沢山の種類がありますので、使用書をみてきちんと使いましょう

ローラーは小顔に効くと言われています。

 

その他のリフトアップの種類

フェイスリフトの手術

美容整形の分野になります。メスを使うのですが、目立ちにくいところに

切開をして、皮膚を引き上げる手術です。しばらく腫れるので、腫れがひくと

皮膚が引き上げらた感覚があります。

糸を使ってフェリスリフトする

手術になりますが、糸でたるみを内側から引き上げ、糸は半年から1年皮膚に吸収されます。1年過ぎると、少し効果が落ちた感じもありますが完全のたるんでいた状態に戻ることはないそうです。傷跡も目立たない方法です。

糸を挿入してその刺激でリフトアップする

細い糸を挿入したその刺激でお肌のハリを復活します。軽めのたるみでお悩みの方には、いい様子です。

超音波、高周波を使う

美容外科で、機械をつかって、皮膚の奥を刺激します。軽めのたるみのメンテナンスにいい様子です。

ヒアルロン酸を注射する

たるんだ部分にヒアルロン酸を注射して、ボリュームアップします。

 

まとめ

「フェイスリフトアップでお肌のエイジングケア!化粧品、種類などを公開」についてお届けしましたがいかかでしたでしょうか?

おさらいとしてまとめますね。

エイジングケアとしては、30代から40代になり、お肌のたるみが気になってきますよね

・まずは化粧品として、美容液の人気を挙げてみました。

美容液も毎日のケアが必要です。

・次は美顔器について挙げていきました。

たくさんの種類があり、驚きましたが、すでにご使用の方もおられそうですね?

値段は色々でしたが、防水のものもありました。

こちらも毎日のケアが必要です。

 

・次に美容ローラーでした。

こちらもたくさんの種類があり、値段もいろいろです。

ローラーは上下せず、上にあげるだけにするのがポイントでした。

あまり使いすぎると、お肌に摩擦がおきてかえって負担になります。

使用書をきちんとみて使うのがベストです。

 

最後に、美容外科クリニックでのリフトケアの種類についてお伝えしました。

お肌のたるみやシワにお悩みのかたで解決したいと思っておられるあなたにお役に立てれば幸いです。

 

最後まで読んで下さりありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA